嫌なことではない

なぜ自社の商品の顧客からの反感買いが相次ぐのか?ハラスメント以前に商売としてアウトでも、こういう記事を喜ぶ人や「頑張ろう!」って思う人もいると思うよ? 女性誌の中の「美人」って定義は「髪、メイク、ダイエット、オシャレ」など、後天的な努力の人をさしている訳ですから。 と、40歳に言われても説得力はないのだろうか。美人であろうとなかろうと、こういう記事に目くじら立てずに「ふーん」って感じで受け流せる度量のある女性がステキだと思う。わろw >>27歳と33歳だと差はほぼないですね。(40歳/アパレル関連会社経営) 説得力ないな「させていただき」の使い方が、偏差値30.これで雑誌の編集なんだから、水準は推して知るべし。ブスは幾つになってもブスなんだけど(笑)予定もアテもない20~30代が、周りから「イイ人いないの?」「●●さん結婚/出産だって!」

森中 尚と金木 淳一郎の生活



それぞれに癖がある

雄がいくら騒いでも無駄だよこんくらいでギャーギャー騒ぐ女は心が不細工。わからんし。何で女は年齢で判断されるのが当たり前みたいになってるのかもわかるけどぉ・・・んーたりするしなー・・・。性格悪くても・・・もあるし、答えてる男も文字になっただけでどんなか正直、そう見られてることには変わりないってのも踏まえて、日々努力。けど、不細工でも結婚して正直に答えた人に対して、「言いたい放題」はねぇだろ。そっちの方が余程問題だ 2 娯楽雑誌の記事ごとき、どうでもいい。強いて言えば27も33も一緒。こちらはアラ還の元美人。しかし、女性が金や風貌で男性を品定めする記事は全く何も言われないw普段値踏みしてる奴に限って値段付けられるのを嫌うのだよ(笑)事実を真摯に受け止めなよ(笑)自分のブランド力を知っていれば気にならない(笑)資生堂ちふれの前にはユニ・チャームやルミネも。

小谷 英幸と福重 尚人のつぶやき



これならわかる

いい加減、自分の賞味期限切れから目をそらさず真摯に受け止めろよ。キャリアアップしようが必死に綺麗に取り繕うが、若さには勝てないんだって。無職のイケメンと見た目も中身もヲタクな社長、どっちがいい?っていうのと一緒じゃね?男が女を値踏みしていいなら逆もやっていいってことよな( ̄ー ̄人間、自分に都合の悪いこと言われたら声大きなるらしいよ女性読者想定の『VOCE』で女性の年齢・容姿に関する差別的記事の企画を了承した編集長のセンスがない。商業媒体で読者層を不快にさせる題材はアウト。逆もやってみれば?よい。「イケメンでアキバ系ヲタクな25歳と普通の50歳」とか。美醜も立派な品定めの基準だべさ?化粧品のCMに美人を起用するのは、大和ハウスの内装が豪華なのと同じだべさ?ヒステリックに叫ぶのは醜いよ?生物一般として見るならパートナーを選ぶのは雌。雄がいくら迫っても雌にその気が無ければカップルは成立しない。

小玉 雄貴と小熊 雄三の日常